海と共に人が生きるとは何か?
海はかつて、恵みをもたらすだけでなく、老若男女が分け隔てなく集う憩いの場であり、自然と関わるための知恵や技、遊びが、世代間で伝え継がれる場でした。都市化が進む中、そうした関係性は失われ、関心が低下しているばかりでなく、子どもたちが安心して遊べる環境や、海を介して多様な人々が関わりあう場も失われています。

海遍路では「漕ぐ、歩く、聞く」 をコ ンセプトに、人力の舟「シ―カヤック」で、自らが海を読み、自然を学ぶ当事者となりながら、多様性に富む日本の海辺を訪問し、
海抜0メートルの視点から地域に生きる人々と出会い、暮らしを学び、記録します。
 
海の知識や体験に加え、自ら考え行動する力、身体や感性、多世代間の知恵の交換の実現などを目指し、自然と人が豊かに関わりに合う、日本ならではの海辺の風景を取り戻し、創造的で楽しく暮らしやすい地域づくりに取り組みます。

 

文=八幡暁

支援企業及び団体

平成27年度実績

 

4/05 香川県豊島唐櫃を訪問、漁業者への聞き取り調査

4/20 鹿児島市海遍路事務局にて当法人総会

4/29 熊本県長洲町―長崎県島原市間往復、有明海環境の事前調査

 

5/15-5/28 海遍路有明海実施

5/15 福岡県立ありあけ新世高校にて講演会

5/16 第6回有明海再生シンポジウム「海遍路・有明海・森里川海をつなぐ九州講演会」NPO法人SPERA森里海時代を拓くと共催

5/17 柳川市足湯公園にて海遍路シーカヤック教室開催

 

7/11-7/12 つなげよう支えよう森里川海推進志民会議in高野山

7/24 阿久根市高松川支流にて「じゃぶじゃぶ」支援

 

8/01-8/02 福岡県柳川市夏の水祭りに参加し、海遍路写真展開催

8/22 京都市高瀬川にて「じゃぶじゃぶ」支援

 

9/15-9/16 長野県野尻湖にてシーカヤック実習

9/16 ラジオ放送出演(MBC城山スズメ)

9/29 枕崎市鹿児島水産高校にて授業及び実習(八幡)

9/29 ラジオ放送出演(MBC城山スズメ)

 

10/17 鹿児島市立桜州小学校児童父兄対象のシーカヤック教室

10/18 国民宿舎レインボー桜島にて海遍路シンポジウム開催

 

11/02 池田湖シーカヤックマラソン前夜祭にて講演

11/07 あくね夢のまちプロジェクトにてシーカヤック教室

11/17 枕崎市鹿児島水産高校にて授業(山岡)

 

12/07 南九州市頴娃町番所鼻にて漁業者への聞き取り調査

12/19 南九州市知覧町松ヶ浦にて漁業現場調査

12/22 指宿市児ヶ水漁港から川尻漁港まで海遍路実施

 

01/29 阿久根市にて漁業者への聞き取り調査

02/16 南九州市立別府小学校にて授業

 

03/19 阿久根市にて漁業者への聞き取り調査

03/20 ラジオ放送出演(FM yokohama)

03/27 ラジオ放送出演(FM yokohama)

 

鈴廣かまぼこ

Go to link